つぼみの内側から力をいっぱいに蓄えて美しい花を咲かせるような、そんな人になりたい


by mamice
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:ビワの葉 ( 5 ) タグの人気記事

昨日、しんどいのでソファで寝転がってビワの葉こんにゃく湿布をしていたら(笑)
自然療法の師がmamiceのマンションに遊びにきてくださいました。

しかもお手製の無添加ピザを持って。
一人暮らしを始めたmamiceをこれまで以上に気遣って
いろいろと連絡をくださる自然療法の師。
mamiceにとってこんなに嬉しい来客はありません。
d0150395_1450141.jpg

頂いたピザもジューシーでとっても美味しかったです!
半分食べて、残りは冷凍庫へ。
(食べる事に関してはぬかりないmamiceです)

ピザを食べながら、ちょうど体調がすごく悪かったので、いろいろと相談してみました。
身体も少しボディトークでほぐしてもらったのですが
自然療法の師いわく「緊張で肩をがっちり固めすぎて、代謝が下がっているのかも。」とのことでした。
肩の緊張の原因としては、たぶん引越しに伴ってできた新しい人間関係と
なれないバイク生活が原因かも。ということでした。
うーん、確かに!その通りのような気がします。

肩の付け根から胸の辺りまでの、自分で出来るほぐしかたなどを教えてもらったので
ちょっと安心です。
すこしむくみも取れたような気がします。

他にも最近の悩みや、考えている事などなど
たくさん話を聞いてもらって、心身ともにちょっとスッキリ出来たmamiceでした。


師というには近すぎて、友と呼ぶには遠すぎる存在なのに、なぜかいつもmamiceの姉のようでいてくれる自然療法の師。

本当に彼女には感謝してもしきれません。
今度はmamiceが美味しい(?)パスタでも作って、ランチにでもお招きしようかな?
とただいま計画中です053.gif
[PR]
by mamice | 2009-06-04 22:46 | 体調不良との闘い

微熱つづき

微熱が続いています。
10月の最初の週からなので、かれこれ2週間以上こんな状態です。

微熱も最初は36.8-36.9度だったのですが
ここ数日は37.2度とちょっと上がってきました。
平熱は36.2度前後あるのですが、この程度の熱があるだけでも
しんどいものですね。

昨日はいろいろと話が聞きたくて自然療法の一つである
「ボディトーク」へ行ってきました。
施術の結果言われた事は、息が詰まったような感じがある
ということや足が張っているということでした。

ボディトーク的に言うとその理由もいろいろあるのですが
とりあえず昨日はびわの葉温灸(過去記事はコチラ)をしてもらい
少し身体も楽になったかな。。。

ここのところ色々あって、なんだか頭がごちゃごちゃしています。
ひとり情報過多状態というか。。。(笑)
ボディトークでも、いろいろ考えすぎとか、人のことを考えるよりもまず自分自身のことに
集中するようにと言われました(単純に。です)
熱については、いい事も含めてここのところいろいろと刺激が多いので
身体が神経を緩めようとして発熱しているのかも?とコメントをもらいました。
ん~まだまだ外からの刺激には心身ともに弱いmamiceですね。

数年前にもこんなことがあったんですけど
血液検査をしても大した異常は無かったし、薬を飲んでも全然なおりませんでした。
(だいたい血液検査で炎症反応が無いといわれた)
なのでこの微熱は、おおよそでボディトークで観てもらった
感じが正解なのではないかとmamice自身も考えています。

あぁ、それにしても。

たいがい調子悪い日が多いので、せめてこの微熱だけも取っ払って欲しいです。
明日仕事行けるかなぁ。。。
[PR]
by mamice | 2008-10-19 23:36 | daily
久々の「オタクカテゴリ」です!

最近はブログにも時々書いていますが
疲労感がひどく、夕方からいきなり体力が電源オフの状態に突入することがあります。

わたしにとってこの状況はすごい恐怖でもあるので
なるべく早く身体の不快感をとってあげるため、実行している自然療法が
この「ビワの葉こんにゃく湿布」です。

この湿布は調子が悪い時でも、そうでないときでも定期的にすると
血行も良くなりますし、デトックス作用も強いのでいいと思います。
わたしの場合、自律神経が乱れて最高度にしんどいとき
この湿布で随分症状が落ち着いたということもしばしばです。

以前紹介した「こんにゃく湿布」よりもビワの葉をつけることで効用が高まり
同じく「ビワの葉温灸」よりも多面積を一気に温める事が出来るという点で
優れているかもしれません。

今日は作り方を画像で紹介します。

じゃ~ん!!初登場!これがビワの葉です。
d0150395_13252.jpg

こんにゃくをお鍋で5-6分しっかりと茹でて、このようにタオルでくるみます。
d0150395_131344.jpg

(ぐるぐるに巻いても、だんだん熱くなってきます)
最後にタオルに巻いたこんにゃくの下にビワの葉を敷いて患部に当てます。
d0150395_132251.jpg

ビワの葉の表(ツルツルした面)が患部に当たるようにしてください。
症状がきつい時にはビワの葉が真っ黒になります・・・恐ろしい・・・。
作り方は以上で~す。

※お風呂上りの身体にはゼッタイに使用しないで下さいね※

ビワの葉が手に入る方には、ぜひぜひ試して欲しいです♪
[PR]
by mamice | 2008-07-26 23:07
火傷や切り傷などの外傷におすすめの
ビワの葉パスターを紹介します。

基本的に「ビワの葉」は何にでも効くようですが
このビワの葉を「オロナイン」的に使用したいときに役立つのがパスターです。

まずビワの葉をてきとうにおろし機で細かくおろします。
(フードプロセッサーでもOK)
そこに水を少し加えて、エキスを出すように混ぜます。
次に上から小麦粉を加えます。
固さが、皮膚に乗るペースト状程度になったら完成です。
貼る時はガーゼとテーピングシールがあればいいと思います。

先日母がかなり深い火傷をしたのですが
ビワの葉パスターを貼ったら痛みもすぐにましになり、翌日には完全復帰でした!

跡も残りにくいのでオススメですよ♪
[PR]
by mamice | 2008-03-09 23:03
身体がしんどいなーとか、背中、腰が痛いなーと言うときに
効果を発揮するのが -「ビワの葉」温灸-
です。

一説によると、ビワの葉にはモルヒネ以上の鎮痛効果があるということです。

また、アメリカでの研究においては末期がん患者が治癒したという報告もされているそうな・・・!(すごい!)
成分としてはビタミン6・ビタミン17が含まれており
これが血液浄化につながるそうです。(酸性→アルカリ性)
この近所では幸いなことに、ビワの葉が年中たくさん茂っていますね^-^
数枚もらってきて、もぐさ(自然食品のお店で購入しましょう)に火をつけ
ビワの表面(ツルツルした面)を患部に当てて上から温灸してみましょう。
火力が強いときは、紙、布をもぐさとビワの葉の間に挟みます。

じんわり身体が温かくなるくらいまで、じっくり温灸します。
葉は色が変わったら交換しましょう。
残ってしまったらラップで包み、冷蔵庫で1週間くらいは保存できます。

今はビワの葉のエキスだけを抽出して、電機での温灸もありますが(効果は抜群)
香ばしい香りや、煙をもくもく立てながらもぐさを使うことが癒しになったりするんですよね。
じっくり時間をかけて、ツボなどは特にしっかりと温灸してみましょう。

注意:せっかく血液を→酸性にする効果が高いのですから、ジャンクフードを食べないとか
玄米食に切り替えるなどして、同時に食事の面からもアプローチしていきましょう。
ビワの葉については、一冊専門書が出版されているので
もっと勉強してから、また詳しくここにも書いていきたいと思います。
試したいと言う方、試してみた方!是非教えてくださいね♪
[PR]
by mamice | 2008-01-30 21:02