つぼみの内側から力をいっぱいに蓄えて美しい花を咲かせるような、そんな人になりたい


by mamice
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:自然療法の師 ( 9 ) タグの人気記事

本格的に

風邪をひいてしまいました(笑)

症状は至ってフツーの風邪ですが、久々に熱が37度台後半で頭がガンガンに痛い008.gif

だけどこういう風邪を引くの、実は3年ぶりなんです。
3年前はちょうど玄米食に切り替えてから一ヵ月後の好転反応のような感じで熱が出たのですが
それ以来一度もまともに風邪を引いていない&36.5度以上の熱がほとんど出ていない状態だったんですよ。なのでほんと久々に本物の風邪を引けたって感じですね。

mamiceは専門家ではないのでよくわからないけど
なんとなく、風邪を引いて発熱するということは身体が回復してきている証拠なのではないか。と思いませんか?
mamiceのように体力が落ちていると、ちゃんと風邪さえひけない状態になるのではないかなぁなんて思うんですけど、違うかなぁ・・・(お年寄りとか身体が非常に弱っている人とか)
東条百合子さんの自然療法的に考えるとそういうことなのだと思うのですが、、、
今度うちのドクターに質問してみようかな016.gif

なんだか自分の見えないところで身体はゆっくりと回復してきているような気がします。
見えるところではなかなか成果がでないのですが、焦らず元気になっていけたらいいなぁ・・・

発熱中にもかかわらずミョーにポジティブなmamiceでした011.gif
[PR]
by mamice | 2010-11-11 18:15 | 体調不良との闘い

体調不良に抗わないこと

先日から強烈な疲労感に襲われているmamiceです。
いったい身体の中で何が起こっているのでしょうか・・・
こうなると、ただただ身体の言う事を聞くしかないという状態。

まるで自分が自分の身体に対してひざまずき
「ははぁ、仰せのとおりに!」って言ってるようなイメージでしょうか。(笑)

そういえば先日、自然療法の師に言われた事ですごく腑に落ちた事があります。

「小さいけれど、身体も言ってみれば「自然」。自然相手に抗おうとはしないほうがいい。」


自分の身体の状態も合わせて、なるほど。と納得しました。
これまでずっと、体調不良とはなんとか闘って、勝利しなければ!と気負っていましたが
闘うと言うより、共存する方が良いようです。
上手く付き合っていくとはこういう意味なのかもしれませんね。

うーん、ちょっとだけmamiceの中で何かが変わるかもしれません。
[PR]
by mamice | 2009-06-11 18:33 | 体調不良との闘い
昨日、しんどいのでソファで寝転がってビワの葉こんにゃく湿布をしていたら(笑)
自然療法の師がmamiceのマンションに遊びにきてくださいました。

しかもお手製の無添加ピザを持って。
一人暮らしを始めたmamiceをこれまで以上に気遣って
いろいろと連絡をくださる自然療法の師。
mamiceにとってこんなに嬉しい来客はありません。
d0150395_1450141.jpg

頂いたピザもジューシーでとっても美味しかったです!
半分食べて、残りは冷凍庫へ。
(食べる事に関してはぬかりないmamiceです)

ピザを食べながら、ちょうど体調がすごく悪かったので、いろいろと相談してみました。
身体も少しボディトークでほぐしてもらったのですが
自然療法の師いわく「緊張で肩をがっちり固めすぎて、代謝が下がっているのかも。」とのことでした。
肩の緊張の原因としては、たぶん引越しに伴ってできた新しい人間関係と
なれないバイク生活が原因かも。ということでした。
うーん、確かに!その通りのような気がします。

肩の付け根から胸の辺りまでの、自分で出来るほぐしかたなどを教えてもらったので
ちょっと安心です。
すこしむくみも取れたような気がします。

他にも最近の悩みや、考えている事などなど
たくさん話を聞いてもらって、心身ともにちょっとスッキリ出来たmamiceでした。


師というには近すぎて、友と呼ぶには遠すぎる存在なのに、なぜかいつもmamiceの姉のようでいてくれる自然療法の師。

本当に彼女には感謝してもしきれません。
今度はmamiceが美味しい(?)パスタでも作って、ランチにでもお招きしようかな?
とただいま計画中です053.gif
[PR]
by mamice | 2009-06-04 22:46 | 体調不良との闘い
いつ頃からでしょうか?
mamiceが年度末の事務処理に忙殺されはじめたのは。
ちょっとずつメンテナンスを心がけてはいましたが
だんだん積み重なっている疲労をひしひしと感じながら生活していました。
しかも実はここ数週間、かなりお疲れ気味で、お腹がよく痛くなるし(触ってもカチンコチンに硬い)
超便秘、不眠、手足の神経痛、頭痛、息苦しさ、腰痛などが続いていたんですよ。
もう限界だぁと思い、自然療法の師に体調の事を相談してみる事にしました。

自然療法の師によると
そういう時は、じっくりと時間をかけて料理するのがオススメだそうです。
例えば昆布でお出汁をとって、野菜をじっくり煮込み天然塩で味付けするだけの
シンプルで身体にやさしいスープ。
もっと温かくなったら自分で体調に合わせて野菜を選び
オリジナルの野菜ジュースを作って飲んでみのもすごく良いとか・・・


ただ、もちろんこういうお料理自体も身体に良いのですが

自然療法の師によると

「自分のために時間をかけて作る工程こそが癒し」なんだとか。

うーん。。ムズカシイけど妙に納得。です。
ということでランチに早速野菜スープを作ってみましたよ♪
あんまり美味しく無さそうですが・・・(笑)
d0150395_23312416.jpg

マクロビ風に野菜出汁と塩・コショウで味付けしてみました。

食べてみるとこれが結構美味しいんです。
キャベツの甘味ジャガイモのほっこりかんを存分に味わう事のできる
ようなスープに仕上がりましたよ。

あまりにしんどいけど、仕事は大量に溜まっているので
今日は午後から出勤したのですが、心なしか身体が軽くてお腹も痛くない
ちょっと良い感じかも?と思ったり。
何より自分のためにわざわざ手の込んだスープを作る事自体
予想以上に心地よく、なんだかメンタル的に良さそう~な気がしました056.gif
[PR]
by mamice | 2009-03-27 23:17 | プチ不調対策メニュー

新たな学び

先日自然療法の師とお会いしてきました。
自然療法の師とは、mamiceに初めて自然療法なるものを伝授してくださった方で
大変な時期に多大のご援助をくださった方です。
なんと言うか、自然療法のオタク度を強調したかったのでこんなネーミングでいつも登場していますが(笑)実質はmamiceのメンターというところでしょうか。
わたしのちょうど10歳くらい年上の方で、とても落ち着いていて賢い人、でも人に自分の弱さも見せられるようなそんなステキな人です。
いつもmamiceを採算度外視的に(笑)助けてくれる、ほんとうに貴重な存在なんですよ。
正直言って、人生でこういう出会いは何度もないと思います。

ここのところ悩みや迷いがあって体調も優れなかったので、思い切って自然療法の師のお家へ伺ってみる事に。

話していて、いろいろとmamice特有の問題の原因に気付かされたました。
要約するとだいたいこんな感じ。

・mamiceがあまりにも無防備である事。
・そして相当不器用であること(笑)
・とにかく自己表現ができない


何事も「ホンネ」でしかやっていけないので、ある意味いつも「傷だらけ」な感じ、その上、上手く言いたい事が言えないので自分の中にぐっと溜め込んでしまう。
それではストレスとか精神的なレベルを通り越して、身体が悲鳴をあげてしまうのも無理はない。そう思いました。
不器用さや無防備であることは一概に悪い事でもなく、多くの人はそんなmamiceを受け入れてくれる大きな器を持っていますし、好感さえもってくださっている方もいるように思います。

それでも何か問題が起きたときは、何事も芯まできますからね、元気だった時はそれでもなんとかやり遂せていましたけどすごい疲れるし、さらに今のような状態だとダイレクトに身体が反応しますから、限界が早い段階で見えてしまいます(ある意味いいことかも)

対処策としてできる事は

・言いたい事を、可愛く、面白く、相手を立てつつ言ってみる(難易度高。。)
(本当は相当ストレートな物言いのmamiceです)

・「タテマエ」や「名刺的立場」で人に接してみる
(新たな世界(笑))

・自分と他の人の線引きをしっかりと、人にもわかるくらいに。
(ただいま努力中)

だいたいこんな感じです。

こんなことが当たり前のようにできる器用な人もたくさんいるのでしょうけど、mamiceにはとても難しい分野なんですよ。本来女性はこういう分野での器用さが有利に働くはずなんですけど・・・。
育った環境もあるのかもしれませんね。年の近い兄が二人いることもあって、小さい頃から遊び相手は男の子ばっかりでしたし、何でも話せる幼馴染も男ばっかで、いわゆる女性的な思考回路に欠落しちゃってます(笑)
幸いな事に成長過程で、同じく男兄弟で育った母がわたしの将来を悲観して「女性らしさ」をスパルタ教育してくれたので(笑)表面的には女性らしいと思われることが多いようなそんな感じです(ホンマか?)

なんだか「タテマエ」で生きるとか言うと少し寂しい気もしますし、今のところ想像がつきませんが、そうする事によって自分を守れることも多くなると思います。

心と身体に「自分自身が自分を守ってくれるという」ことを教えて、ある意味相互の「信頼関係」を築かなければいけないのかもしれません。
自分の身体とは言えども、体に無理をさせたり逆に心に無理やり言う事をきかせると言うようなどちらか一方の身勝手は許されないのです。(雲をつかむような話かも・・・すみません。)
自然療法の師もそんなことを仰っていました。

自分でもわかっていた部分ではありますが
こんな風に客観的に見ると、また新たに学ばされる事に多く気付くことができるものですね。
以上の事を習得できたら、自分の中の何かが大きく変わるような気がします。
習得かぁ・・・難しい~。。。
こ、これは・・・人生最大の課題かも。。。(汗)

「ゼロから学ぶつもりで」と自然療法の師に言われました。

この数日、いろいろ考え過ぎて考えがまとまらなかったのですが
やっと今(こんな早朝に!)文章にまとめることができました。
こんなわたしですが(笑)、ちょっとずつ成長できたらいいなぁと思います。
またブログには良い事も悪い事も書いていく思いますが
今後ともどうぞよろしくお付き合いくださいね。。。
[PR]
by mamice | 2008-12-07 05:26 | daily

体調の記録 Oct.2008

 去年までは自分の体調の記録を細かく毎日つけていたのですが、今後はときどきブログに残す程度にしようと思っています。思いつきで残す文章になると思うので記録に残る体調はきっと「すこぶる悪い」もしくは「すこぶる調子が良い」のどちらかになるかと思いますが・・・。


 思えば旅行に出かけた9月の半ばは、ちょうど4年前にわたしが体調を崩しだした時期でもあるので、毎年用心しなければいけないシーズンでした。きっと夏の疲れと気候の変化に身体がついていけないんだろうと思います。今年の夏は仕事もプライベートもそこそこ忙しく、いつの間にか疲れが溜まっていたのかもしれませんね。そんな事にも気付かないmamice、まだまだ未熟者です・・・。


 さて今回のブログは残念ながら(笑)「すこぶる悪い」体調についてです。ここのところずっと36.8-36.9度の微熱が続いていています。風邪の症状はなく、ただ身体がしんどくてあまり動けない状態です。あとは動悸がかなり頻繁で、これにもまた困っています。秋になってからは、これまでの急激にやってくる「電池切れ」的症状とは打って変わって、こんな感じの全身症状がボディブロー的にやってきました。


 自然療法の師に相談したところ、やはり体調を崩しやすい時期である事に加えて、過去に実際に大きく体調を崩した季節でもあるので、少しのことで身体が当時の記憶を思いだしてしまう(フィードバックしちゃう)そうです。それは一理あると思いました。この時期どうしても4年前の辛い記憶が蘇ってきて、精神的にも参ってしまいがちだからです。心身の結びつきは人が自覚しているよりはるかに密接なので、なるべくこの時期を心身共に少ない負担で乗り切りたいと思っています。ただ自然療法の師も言ってましたが「ここまで身体の事を学んできて、自然療法を実践してきて、完全に元(の悪い状態)に戻る事はない」と思うので、パワーセーブした生活を送りながらも、自信を持ってやっていこうと思います!!!

 もともと何にでも興味をもつ、万年わんぱく盛りのmamiceとしては、この季節の大半をベットで過ごすなんて絶えがたい事ですが、健やかな30代を夢見て♪これは立派な自己投資だ!と自分に言い聞かせて(と言うか騙す感じで(笑)過ごしてみようと思いまぁす♪


※mamiceは自然療法を積極的に取り入れていますが、病院での検査なども定期的にうけていますのでみなさまどうかご心配なく!
[PR]
by mamice | 2008-10-05 16:14 | 体調不良との闘い

ソウル旅行 4th-day~

楽しかった旅行を終えて今日は帰国・・・のはずでしたが

ちょうど夏の疲れが出る時期であったせいか、
今の体力からすると、限界を超えた遊び方だったせいか


最終日にどっか~んとやってしまいました。。。
か、身体がおかしい・・・


最終日朝、楽しみにしていた「GRAND HYATTO HOTEL」
朝食バイキングに出かけました。
飛行機の時間は昼一だったので、チェックアウトも済ませ
荷物を持ってタクシーでハイアットへ。


数年前にもここには来たのですが
ホテルは超豪華で、美しく、ホテル内ではほとんど英語でのやり取りです。


ソウル市内を一望できる優雅なレストランで朝食。
d0150395_2173856.jpg

もちろんホテルのホスピタリティは素晴らしいのですが
バイキングの内容も超豪華です。
d0150395_218345.jpg
d0150395_2182185.jpg




パンはパン屋さん並の品揃えで、トーストからデニッシュまでズラッと並んでます。
フルーツもちょっと珍しいざくろとか、すいかとか置いてるし
卵料理はシェフに言えばその場でササッと調理してくれます。
メジャーな洋食はもちろん、ちまきおかゆといった和食まで充実の
すごい朝ご飯です!
(ちなみに料金は一人3500円くらい)

後ろにかすかに見える4人組のアジア系のグループは
北京語×韓国語×英語でフツーに会話していましたよ・・・
インターナショナルです!
---------------☆----------★------------------------------------------------------------★☆-------------------------------------------------------------------------------------------------------★--------★-------------------☆---------------------★------------

もっとバイキングを楽しみたかったけど、冒頭でも書いたように
ここらへんから体力の限界がやってきてしまいました。。。


極度の疲労感で頭はフラフラ、脈も乱れ
座っているのもしんどいので、レストランの個室で休ませてもらう事に。。。
も~このときばかりは本気で
「うわ~ここで死んだらどうしよう。。。」って思いましたよ。。。


いつも大概体調悪いんですけど
こんなに派手に症状がやってくるとは思いませんでした。
それに外国の地での体調不良ですから、すごい恐怖感です。


結局6時間以上ホテルで休憩させてもらったのですが
その間も英語での細かいやり取りが続き、かなり弱ってしまいました。。。
ホテル常駐のナースに病院も勧められましたが、
これ以上ローカルエリアに入ったら、ますます英語と韓国語の世界になるので
それは丁寧にお断りし、迷った末に
HYATTOホテルではお水一本買うにも高すぎるということで
安心価格のメトロホテルへ戻る事になりました。。。


どん底にでも大丈夫と思っていたけど
いろいろな手続きや、言語の違いで心身ともに疲れ果ててしまい

この晩はさすがに意気消沈というか、どんなにがんばっても
元気が出ないという状態にまでなりました。。。
(こんなん初めてかも)


とりあえずホテルから一番近い、初日も行った「ウリゾン」さんで
夕食を済ませることに。
これは自分的にかなり危険信号なのですが
mamiceは空腹なのに、全然食べられず。。。


でも「韓流オカン」が食べれなかったチヂミを包んでくれたので
なんとかホテルに戻ってから一口、二口
食べることができ、ちょっと復活。
「韓流オカン」は優しい!


それでも体調の不安が頭をよぎり、
「このままでは明日も帰れないかも。」と本気で思い始めたとき
自然療法の師のこんな言葉を思い出しました。


「今日どんなにしんどくても、明日は一からのスタートにする」


つまりしんどくて辛かった記憶を、次の日は引きづらない感じでしょうか。
スポーツ選手もよくやっている事だと思います。

この言葉にすごく元気をもらいました。


ほとんど眠れなかったけど
しっかり身体を暖めて、朝には気持ちを完全に切り替え

ゆとりをもって
なんとか空港バスへ、なんとか飛行機へ乗る事ができました。


帰ってからも身体はエライことになっていますが
とりあえず帰国できてよかったです。


海外では何度か危険な目にあったり、失敗もたくさんしているけど
一番怖いのは自分の体調管理が出来ていない事かもしれません。


それにしてもちょっと大変でしたが、合計5日間のソウル旅行、
楽しかったです!!!
ちなみに妹ちゃんはソウルに住みたいとか言ってますよ~。


とりあえず旅行記はここで終わりです。
あとは美容編を時間が出来た時UPしようと思いますので
楽しみにしていてくださいね♪


mamiceのソウル旅行記、
長文にも関わらず最後まで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!!!
[PR]
by mamice | 2008-09-16 23:03 | travel
最近添加物に敏感になってきたのか、コンビに弁当やスーパーのお惣菜など
まずくて食べられなくなってきています。
自然療法の師にそのことをお話したところ
なにやら健康で美味しいパン屋さんがあるとの事で
「天然酵母のパン屋Retour」(HPはこちら)へ連れってってもらいました。

駅から五分くらいのところにある、こじんまりした可愛らしいお店に
元気で明るい素敵なオーナーさんのいる、感じのいいお店です。

わたしはブルーベリー×クリームチーズパンとコーンチーズパンをオーダー。
軽く蒸気で温めてから四つに切って出してくれます。
d0150395_15345381.jpg

なんておいしぃー!!!
これが本当のパンというのか・・・と思いました。
モチモチでエグさのない味、素材一つ一つの味が美味しいと感じられるパン。

ショップカードには素材の説明書きがあります。

一部ご紹介すると・・・
小麦→北海道産 酵母→ホシノ天然酵母 糖分→きび砂糖 塩分→赤穂の天塩
油分→よつばバター、グレープシードオイル
すごいこだわりですね♪

色んな方がここのパンを求めてやってくるのがわかります。
Rutourはフランス語で「帰還」という意味があるそうですが

まさに自然への帰還を目指している
そんな素晴らしいパン屋さんでした。

というわけで、わたしのお気に入りリストへ、即追加決定!!!
[PR]
by mamice | 2008-04-01 20:31 | カフェ大好き
仕事中にぶっ倒れてから(この表現が適切と思われる(笑))
かれこれ3年経ちます。

ドクターには無理せず焦らず時間をかけて治すようにと言われ
色々な肩の荷を下ろし、この「時々仕事」な日々が始まった訳ですが、

はじめの数ヶ月は足腰が動かず、寝たきりで過ごしました。
食事が出来なくなり体重は2ヵ月で12kgマイナス

たくさんのものを失い、悲しみ、身体的にも精神的にも自分のどん底と向き合った数年間。


それでも

周りの人たちの惜しみない協力と、たくさんの優しさに大きなチカラをもらい


わたしは随分元気になりました。

今は体重も元の数値に戻り(それ以上かも?)見た感じ病人的なところは少しもありません。

しばらくの休職の後、週2-3日の仕事もできるようにもなりました。
これはまぁ、私にとってリハビリのようなものですね。

ちょうど1年前までは、薬を飲んで不調をごまかしていたのですが
薬の副作用がキツイ事
それからこのままだと薬の量がどんどん増えていくかもしれないと言う不安から
思い切ってこのオタクカテゴリの内容となる

「自然療法」

を実践することにしました。

東城百合子さんや自然療法の師のお力添えもあって
今は薬は全く飲んでいません(拍手!)

そんなこんなで始まった自然療法との出会いですが
これから、わたしが日々実践する自然療法について
(てきとうに)紹介していきたいと思っています。

みなさんが少しでも興味を持ってくだされば嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします♪
[PR]
by mamice | 2008-01-01 23:31 | 体調不良との闘い